ライフスタイルに合わせて行ないたい!新婚カップルの住居選び

新婚カップルが悩む問題といえば、新しい住居を探すことでしょう。杉並区には特定優良賃貸住宅とよばれるお得な物件があります。

仲介手数料や礼金、更新料も無料となるので、費用の負担を低く抑えながら住み替えが行なえます。

安い費用でより良い住環境を手に入れる【特定優良賃住宅をチェック】

安い費用でより良い住環境を手に入れる【特定優良賃住宅をチェック】

新婚の夫婦ですと、子育てを行なうことも視野に入れて新居を探すものでしょう。しかし、独り身であった頃とは違い何かと費用も掛かるので、住まいを探す場合は予算も限られてしまいます。そんな新婚の夫婦におすすめできるのが、国や地方が管理する特定優良賃貸住宅です。

特定優良賃貸住宅とは

特定優良賃貸住宅(特優賃)とは、土地を所有するオーナーが、国や地方自治体からの補助を受けて建てた賃貸住宅です。最大の魅力は、国や自治体から家賃の援助が受けられるという点にあります。住んでいる世帯の収入に応じて補助金が出されるので、家賃による負担もなく住むことができます。仲介手数料や礼金、さらには更新料も無料となるので、新居に引っ越す場合に掛かる費用も大きく削減できます。魅力的な物件ですが、入居条件もきちんと定められているので注意が必要です。親子や夫婦など、2人以上の家族で住むこと、自治体が定めた範囲の収入があることなどが挙げられます。

特定優良賃貸住宅の素朴な疑問

特定優良賃貸住宅に住むための手続きってなに?なんだか面倒くさそう・・・

手続き自体は誰でも簡単に済ませられますよ。
たくさんの物件を扱う不動産会社に相談することで、手続きの方法などを詳しく訊くことができます。しかし、特優賃物件をあまり扱わない不動産会社ですと、役所への対応も行なえない場合があります。特優賃の物件を探しているなら、特優賃物件を扱い役所への手続きにも慣れた不動産会社に相談するのがよいでしょう。

家のアイコン1
特定優良賃貸住宅に興味があります。探す方法を教えて下さい。

自治体や住宅供給公社へ連絡することで、特優賃物件の情報が得られます。
特優賃物件を扱う不動産会社へ相談することでも、情報は取得できます。特に不動産会社であれば、物件ごとの立地条件や、一般の賃貸物件と家賃の比較もできるのでオススメです。

家のアイコン2

杉並区の特定優良賃貸マンション情報

マンションの詳細

※株式会社住宅情報コールセンター HP参照

住宅の住みやすさを決める要素は、家賃や敷金礼金の安さだけではありません。実際に住むことになる部屋の間取りも重要となります。夫婦のライフスタイルや将来のことを考え、適した間取りの部屋を選びましょう。

部屋の間取り

しばらく夫婦生活を楽しみたい人にオススメな間取り

見つめ合う男女

仕事の都合によってまだ子供が作れない、または夫婦2人で過ごす時間をまだ楽しみたいとするカップルであれば、1LDKの部屋を選ぶとよいでしょう。夫婦2人で過ごすにはピッタリな広さであり、家賃に関しても手頃な物件が多いのも魅力です。気をつけたいのが寝室の広さであり、夫婦で快適に眠ることができる十分な大きさが望ましいです。2人分の洋服を収納する必要もあるので、6帖程度の広さが最適といわれています。落ち着いて寝たいとするカップルならば寝室が独立した間取りを、2人でゆっくり過ごしたい場合は、寝室とLDKが繋げて使えるタイプの間取りがベストといえます。

早く子どもを授かりたい夫婦にオススメな間取り

大人と子供

すぐに子供が欲しいというカップルなら、2LDKの部屋がよいでしょう。子供用の部屋を一部屋確保しておけば、子育ても負担なく行なうことができます。生まれたばかりの赤ちゃんは目が離せないので、LDKに繋がる部屋のある物件が便利です。赤ちゃんが泣いた時も、すぐにお母さんが駆けつけることができます。また、子供と一緒に眠る寝室も、十分な広さを考慮しなければなりません。夫婦のみで過ごすカップルであれば、6帖ほどの広さがあれば十分です。しかし、子供と一緒に眠るとなると、寝室にもゆとりが必要です。服を収納できる機能性と、3人で眠れる広さを確保した部屋が理想的です。

間取り以外にも押さえておきたい!【お部屋選びの妥協点】

男性と女性

条件のよい物件を探すことは、後々の生活を快適に送る上でも重要です。しかし、必ずしも希望通りの物件が見つかるとは限らず、時にはある程度の譲歩や妥協をしなければ部屋を見つけることはできないでしょう。物件探しでカップルが妥協する条件として多いのが、家賃や築年数、駅からの距離とセキュリティの4つです。家賃が多少予算をオーバーしたとしても、駅に近いなどの利便性のある物件ならば、妥協して選ぶ人は多くいます。また、最寄り駅から遠い立地でも、予算内に収めるためあえて選ぶカップルもいます。築年数の古い部屋は多くの人が避ける物件ですが、最近では内装のリフォームをしっかりと行なっている物件もあるので、部屋の状態は綺麗であることがあります。セキュリティ面に関していえば、女性の一人暮らしが不安な土地でも、一緒に住む男性がいるので妥協ができるという意見が多くあります。